安い水サーバーの水の種類

先述したように水サーバーにはいくつか種類があり、それによって価格が高いものもあれば安いものがあります。水サーバーに使用されている水には、大きく分けて天然水とRO水の2種類があります。天然水とはその名の通り天然成分が豊富に含まれている水で、水道水のような薬品臭さもなく長い時間をかけてろ過されてミネラル分が豊富なことが特徴です。

それに対しRO水とは、特殊なフィルターで不純物を取り除き、後からミネラル分を添加した水です。汚れだけでなく水の中の重金属や有害な放射性物質も取り除くことができるため、とても安全な水です。

両者の安い・高いといった価格相場を比べると、RO水の方が安いことが多いです。採取地が限られる天然水よりも、源水を問わず利用することができるRO水の方が原料調達のコストが抑えられるため、価格が安いというわけです。

当然ながら、水サーバーに使われる天然水とRO水には一長一短があります。天然水は味の決め手ともなるミネラル分がそのまま含まれているため、とてもおいしく飲むことができます。RO水は限りなく純水に近いレベルまで不純物を取り除いてから人工的にミネラル分を添加するため、水としての味は天然水にはやや叶わないという面があります。味にこだわるのであれば天然水の方が良いですが、費用が安い方を選ぶとなればRO水となります。水サーバーの業者によってはいずれかを選択することも出来るため、自分のこだわりに合う水サーバーを選びましょう。