安い水サーバーのボトルの種類

安い・高いといった話の次に、水サーバーに使用するボトルの種類による違いです。ボトルによっても、費用の安いものがあります。水サーバーのボトルにはワンウェイ方式とリターナブル方式の2種類があります。ワンウェイ方式のボトルは使い捨てタイプのボトルで、使い切ったらそのままゴミとして処分することができます。使い切ったボトルは小さく折りたたむことができ、ゴミがかさばりません。毎回新品のボトルが届き、使用している最中に空気が中に入らない構造となっているため、衛生面で優れていると言えます。

対してリターナブル方式とは使い終わったボトルを返却する使い回しのタイプで、空になったボトルを定期的に水の配達に訪れる水サーバーの業者に引き渡すことになります。ゴミが出ないので、エコに使うことができます。また水サーバーの業者と直接コミュニケーションをとる機会がおのずと増えるため、サーバーの使用方法で不明な点やトラブルをその場で点検してもらえるという利点もあります。

ワンウェイとリターナブルでは、リターナブルの費用の方が安いです。ワンウェイ方式では容器が使い捨てである分コストがかかるため、水サーバー全般ではリターナブルの方が安い傾向にあります。使い終わったボトルを保管しておかなくてはならないといったデメリットもありますが、費用が安いという点を重視するのであればリターナブル方式を選びましょう。